2016年入社向け 真・就活塾 開講中!

NEWS DATE:2015/01/28

企業研修を手がける私たちだからできる独自のメソッドで、
過去3年間、内定率100%を誇る「真・就活塾」が今年も開講中!

shukatu

単なるノウハウの伝授ではなく、
社会人になってからの成功を目指して、
自分の良さをしっかりと相手に伝える
ことを目標に、今年も実施します。

 

開催日程・会場

参加申し込み

 

さて、みなさんはこの数字が何を表しているかご存知ですか?

 

32.4%

 

これは大学を卒業して就職した新卒が、入社後3年以内にその会社を辞めてしまう割合です。

せっかく苦労して内定をもらった企業なのに、約3分の1の大学生が会社を早期に辞めてしまう…。
私たちはこの状況をなんとかしたいと考えています。

理由は色々とあるでしょう。
実際にやる仕事の内容を調べていなかったのが原因かもしれません。
本来行きたかった業種、職種の会社に入れなかったからかもしれません。
また、表面的なテクニックを磨いて内定を得たため、真の実力が足りず、苦労したのかもしれません。
いずれにしても、せっかく入った会社を辞めてしまう状態は残念でなりません。
私たちは、内定をゴールとしてではなく、社会で活躍するための権利を獲得することと捉え、
真の成功は、企業に入ってから、みなさんがイキイキと自分らしさを発揮して働くことだと考えています。

そのために、次のことを重視して、「真・就活塾」を運営しています。
1.自己をしっかりと見つめた上で、自ら分析を徹底的に行い、自分の長所を整理します。
2.企業の発展と自己の成長を重ね合わせられる志望動機をストーリーとして作成していきます。
3.「伝えている」つもりではなく、「伝わる」ことを意識したアウトプットを磨きます。

これは企業に入ってからも必要とされるスキルです。

例えば、企業の営業職として、商品を販売する仕事に就いたと想定してみてください。
現状を整理・分析して、自社の製品の強みは何か?特長はどこか?などをまとめます。
その上で、提案先が求めていることや、今後のビジネス展開を想定し、
自社の商品が提案先の企業にとって、どんなメリットを与えられるのか、ストーリーを考えます。
最後は、提案先の企業に、論理的かつ分かりやすい方法で、伝えていきます。

このように現状を整理・分析した上で、相手のことも考慮したストーリーを作り、 伝わるようにアウトプットすることは、就職活動だけでなく、就職後も生きてくるスキルなのです。

ですから、私たちは、小手先の就活テクニックを教えて就職活動を乗り切ることは
みなさんにとって、プラスにならないと考えていますので、一切やりません。

目指すは、「真の成功」のみ。大変だと思いますが、乗り越えた後には、成功が待っています。
一緒に頑張りましょう!

開催日程・会場

参加申し込み



本サイトでは、エントリーシートなどの情報を集約し、掲載しているため、掲載物に対する著作権は所有しておりません。問題をご指摘いただきましたら、事実関係を調査し、類似性が高いと判断した場合は、早急に当該部分を削除させていただきます。
真・就活塾 ©真・就活塾 All rights reserved. Powered by H&Innovation