建築業界の動向

建築業界の動向

建築業界 基本情報

  • 業界規模:15兆0,862億円
  • 売上高純利益率:+0.3%
  • 前年比成長率:-12.9%
  • 総資産額:14兆2,829億円
  • 労働者数:116,182人
  • 平均年齢:43.1歳
  • 平均勤続年数:16.8年
  • 平均年収:618万円

平成21年 建築業界の動向と現状

建設市場の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。 平成21年の建設業界の業界規模(主要対象企業67社の売上高計)は15兆0,862億円となっています。

厳しい局面が続く

政権交代により公共事業が大幅減 建設業界の過去の推移を見ますと、17年までは微増傾向にありましたが、18年以降若干の縮小傾向にあり、平成21年には大幅減少に転じています。 平成22年3月の大手建設会社の決算では、大手建設会社67社中56社が売上高前年割れを記録。15社が最終赤字を計上しました。 建設業界縮小の要因としましては、国内のマンション工事など民間需要の縮小、公共工事の減少、サブプライムローンによる金融引き締め、建設資材の高騰、不景気による海外建設事業の採算悪化、為替相場の為替差損の発生などが挙げられます。 さらに、平成21年8月の政権交代により公共事業の廃止や予算が大幅に削減。建設各社受注高が大幅に減少し、業績をさらに悪化させる事態へと陥りました。

2013/04/25

本サイトでは、エントリーシートなどの情報を集約し、掲載しているため、掲載物に対する著作権は所有しておりません。問題をご指摘いただきましたら、事実関係を調査し、類似性が高いと判断した場合は、早急に当該部分を削除させていただきます。
真・就活塾 ©真・就活塾 All rights reserved. Powered by H&Innovation