ネット広告業界への内定するポイント

①入社したらがむしゃらに働きますアピール


ネットは変化が1番大きい業界だと思います。
故に業界の人事変動が激しいので、新卒には早い成長を求めています。
「若い時くらい、死ぬほど仕事して早く成長したい!」という人は良いと思います。

②ネットの可能性を信じていること


「ネット大好きです!」より「ネットの力を使って〜したい」の方が良いと思います。(もちろん大好きに越したことはありませんが・・・)
ネットの影響力・可能性に面白味をかんじていれば内定に近づけると思います。

③「起業したいです!」は罠


ネット業界は起業家願望の集まりだと思われていますが、実際そうでもありません。起業します!とドヤ顔で言う人はたいてい落ちています。
「起業したい!」と発言をした瞬間、面接官の目付きが変わります。起業を「ゴール」にしているのか(NG)、起業を「夢への手段」にしているのか(OK)がポイントです。面接官はどちらか見ています。多くは前者なので落とされることが多いです。ネット会社も、優秀な人材には長く会社にいて欲しいと思っているものです。


 

※当文章等の他サイト、書籍、電子ブック等への転載は固くお断りいたします。

本サイトでは、エントリーシートなどの情報を集約し、掲載しているため、掲載物に対する著作権は所有しておりません。問題をご指摘いただきましたら、事実関係を調査し、類似性が高いと判断した場合は、早急に当該部分を削除させていただきます。
真・就活塾 ©真・就活塾 All rights reserved. Powered by H&Innovation