今後の進路相談


 

今日は田中君がオフィスに来ました。

メインの話は、「今後の就職先の相談」でした。

 

3日前、第一希望していた「◯◯グループ会社(食品)」から、残念ながら内定がもらえませんでした。

◯◯グループの子会社は幾つかエントリーしていましたが、3日前、最後の会社からの連絡が来ませんでした。

 

◯◯グループの会社に行く為に、日々、自己PRや面接の練習をしてきました田中君…。

この数ヶ月間、その為に準備し続けてきました。

暗い声で、「◯◯グループが落ちました。電話来ませんでした。今後どうしたらよいのだろう…」と3日前に電話が来ました。

 

 

 

今日は、そんな田中君と「今後の進路相談」を行いました。

 

——————————————————————————–

<会話の一部>

田中君:「は〜…どうしよう、全部落ちました」

と、うつむいて座っている。

私:「大丈夫ですよ、◯◯グループが全部駄目だったとしても、田中君の夢が無くなった訳じゃないでしょう?」

田中君:「はい、でも、自分の夢の達成には一番、◯◯グループが近道だったんです。」

私:「なるほど、でもね、田中君。どんな夢やゴールも一番近い道は「これだ!」って言う道なんて無いと思いますよ。」

田中君:「…」

私:「田中君は、△△△球団の運営をしたいんだよね? △△△球団の運営をしている人は、全員◯◯グループの社員さんなの?」

田中君「いえ、ほとんど居ないです。一人です」

私:「ですよね? △△△球団の運営をするなら、経営やマーケティング知識や経験が必要だと思いますよ。」

田中君:「そうなんです。△△△球団の×××さんは、経営者でした!」

私(良かった〜。ちょっと元気になって来た!!)

私:「よし、じゃあ、田中君の夢が叶う道を改めて見付けましょうね!」

 

…と、話はつきず、2時間半。

——————————————————————————–

 

今日は、元気になって帰って行きました。

本当に良かったな〜と私はちょっと一息。

 

 

 

田中君へ

よし、田中君!!! これからが勝負だね!!

内定をもらえなかった事なんて、全く重要じゃないよ。

 

希望していた道に行けなかった「今」をどう生きるかが重要なんだよ。

 

このまま、落ち込んで何もしないのも人生。

前向きに次にチャレンジするのも人生。

 

多くの人は、きっとここで諦めちゃうんだよ。

そして、またチャレンジして失敗したり、挫折するのが怖くて、なかなか次に進めない人が多いんだ。

 

でもね、成功者に失敗したり、挫折した事が無い人なんて見た事がない。

 

だから、ここを乗り越えようね。

今が一番大変な時だけど、頑張ってね、田中君!

 

いつか、田中君が「◯◯球団の最高運営責任者」になって、◯◯球団が大きくなって、

「あの時諦めなくて良かった」って笑って姿を楽しみに…

 

バンバン、次進めていきます!!!

 

 

2014/04/18


本サイトでは、エントリーシートなどの情報を集約し、掲載しているため、掲載物に対する著作権は所有しておりません。問題をご指摘いただきましたら、事実関係を調査し、類似性が高いと判断した場合は、早急に当該部分を削除させていただきます。
真・就活塾 ©真・就活塾 All rights reserved. Powered by H&Innovation